無垢家具のすすめ

無垢家具でナチュラルテイストな部屋を作っていました

今から20年ほど前かつて一人暮らしをした時に室内をできる限りシンプルにしたいと思って、無垢家具の小さなタンスを購入したことがありました。
無垢家具はナチュラルでシンプルな室内を作るには最も適したものだと思っています。
無垢家具は余計なデザインにせずに木目を生かしてそのよさを発揮することから、どのような室内においても悪目立ちすることも、
逆に存在感を失うこともないアイテムだと思いました。
私は室内をナチュラルにしたいと思っていたのですが実は美的センスには全然自信がなく、
当初はインテリアの雑誌を見てもどのように部屋を作ったらいいのか全くわかりませんでした。

しかし私よりも先にナチュラルテイストの部屋を作った友人の室内には、無垢家具がいくつか置かれていてそれがシンプルでありながら
逆に存在感を出しているということに魅力を感じました。
そのようなことから友人にこれらの無垢家具の入手先を教えてもらい、1点だけ購入することにしました。
お値段自体は少々高めになってしまいました。
しかし友人の話からは使用していると通常の家具であれば経年劣化してきて見栄えも悪くなるものが、
無垢家具であれば時間の経過とともに変色してもそれがかえってナチュラルな感じになっていって劣化しているようには見えないということを聞き、
長く使えそうだと思って気にせず購入しました。
最初の1年程度は特に色の変化もない状態でしたが、友人の言ったとおり時間の経過とともに段々色が濃くなっていってナチュラルな雰囲気になってきました。
また無垢家具のいいところは、多少部屋がナチュラルテイストからずれてしまってもその存在価値を失うことがないことだと思っています。
一人暮らしをしている時には一時期ある趣味にはまってしまい、部屋の一部がナチュラルとは縁遠い状態になったこともありましたが、
それでも無垢家具のタンスが置かれている場所一帯に関しては趣味のものに影響されずにナチュラルな空間を作り続けてくれました。
このタンスは約20年近く使用して嫁ぎ先にも持って行ったのですが、新たな引っ越し先が狭い上に実家に預けていた婚礼タンスを持参しなければならなかったこと、
またタンス自体の経年劣化もあったことから泣く泣く処分をしてしまいました。
ただもし現在の自宅で新たに家具を買い替えようと思った場合には、迷わず無垢家具を取り入れて再びナチュラルな空間を手に入れたいと思っています。